2月都内本番に学力、肉体、心、すべての状態を頂点に持っていくために

5年生の2月には、よいよ次は自分だという不安を感じます。1年後、本番を最高の状態で迎えるためには、準備すべきことがあります。

女性のイラスト不安な気持ちを親が受け止める

毎年2月の第一週は、現役6年生の入試が行われているため、5年生以下は塾はお休みです。この短い休みが明けた2月第二週から、5年生はよいよ6年生に進級し、次だと実感します。

今までインプットしてきたことを約1年かけて正確にアウトプットする力を養い、精神的にも肉体的にももっともよい状態で、2月を迎えなければなりません。

中学受験に浪人ややり直しはありません。合格だけが成功ではありませんが、わが子がやりきった、やって良かったと思えるようにお膳立てするのが親の仕事です。

この1年は11歳、12歳の子どもにとっても相当なプレッシャーです。二学期には秋の深まりとともに、早く終わって欲しいと苦しい胸の内を明かしてくれます。

親も緊張感が増しますが、人生経験のない12歳の子どもに伝染しますから、イライラしたり、カリカリしてはなりません。

「長い間、よく頑張ってきたね。いつも通りでいいんだよ。」

と声をかけ続けてあげましょう。

女性のイラスト最後の1年、その時々にやること

本番に学力、体力、気力すべてのコンディションを最高潮に持っていくために、親子ともどもするべきことがたくさんあります。

6年生になると演習授業が増えます。たくさんの問題を解くことによって、いろんな角度からどんな質問をされても正確に答える訓練です。問題を解くと、自分の弱点が見えてきます。当然のことですが、そのままにせず、間違えたところはよく復習して克服しておくことが重要です。
理解できていないことを小学6年生が自分で克服するのはなかなか難しい作業です。親や個別指導の先生の力を借りるなどして、夏休み前までには仕上げておきましょう。
最後の仕上げ作業について、こちらの記事↓をご覧ください。

わが家はSAPIX(サピックス)の個別指導プリバード(PRIVAD)を利用しました。わからないことをたくさん持参しては指導して頂きました。わが家の体験↓、ご参考にしてください。

夏休みは学校がないぶん、少し時間的に余裕が生まれます。その時間を利用して、過去問に挑戦し始めますが、賢い取り組み方があります。以下の記事↓をご参考にしてください。

そして秋には、積極的に模試を受けましょう。実際の受験校が会場となり、模試を受けることのできる学校が多数あります。場馴れすることは非常によい練習です。わが家の体験↓をご紹介します。

直前の6年生1月をどう過ごすかも重要です。いつものリズムを崩さないこと、思いの外重要な気がします。以下の記事↓、ご参考にしてください。

親にもすべきことがあります。以下の記事↓、ご参考にしてください。


最後の1年間、6年生の学習の仕上げについてはもちろん、親のすべきことも塾が丁寧に指導してくれます。事務的手続き、健康管理、時間管理、子どもの心のメンテナンス、過去の経験談、事例を参考にしっかり準備しましょう。もう一息!

この記事、お役にたったらポチッと、にほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト