SAPIX(サピックス)個別指導プリバード(PRIVAD)で学力は本当に上がるの?

プリバードは、サピックスが提供する個別指導です。個別指導は集団授業より断然高額!価格に似合った効果を得るために、どう利用すべきか、ご紹介します。

女性のイラスト個別指導を利用するための2つの心得

塾の集団授業は組まれている予定通り、待ったなしで進んでいきます。すべての教科を理解し、一人で復習して得点力をつけていくのはとても大変です。必ず理解できない問題にぶつかります。それらをわからないまま放置してしまうと学力は伸びません。

わが子の弱点は、自宅で親が教えてあげるのが理想です。一番身近にいる親なら、いつでも質問できますし、費用も移動期時間も節約できます。

しかし、親子の場合、とかく言い争いになってしまったり、そもそも教えてあげたくても親に問題が解けなかったり(それだけ難しい)、下の子が邪魔したり、なかなかうまくいかない面も多いです。

そんな時は、個別指導に頼らざるを得ないわけです。本当に学力向上に役立てば価値ある投資ですが、学力が伸びなければ意味がありません。高額料金に値するだけの効果を得られるかどうかは、以下の2点に尽きると思います。

①子ども本人が先生に教わって、できるようになりたいと思っているか
②毎回、先生に質問するだけの材料を用意できるか

これらの2つのことがきちんとできるなら効果が期待できます

女性のイラスト積極的に先生を利用する

プリバードの利用ケースは、だいたい以下の通りです。

プリバードの利用方法
塾の宿題(他塾でも可)を自宅で一人では出来ないので先生の助けを借りるケース
自分で宿題をしたが解決しない疑問点を持って行くケース
テストなどで解き直してもわからなかい問題を持って行くケース
6年生の後半には過去問を持っていくケースなど。

個別指導の限られた時間を有効に使うには、自分で復習したり解いてもわからなかった問題を持参し、

「ここまで、こんな風に考えて進めたけど、その先のこの解説の意味がわからない。」

と具体的な質問を1時間分用意しておくことです。

子ども本人が質問したい問題を準備するのが理想的ですが、難しいようなら親が手伝ってあげましょう。

わが家は、重要なテストで落としている単元を洗い出し、もう一度本人に解き直させ、それでも出来なかった問題を持って行きました。

正答率が高いにも係わらず落としている問題、苦手としている単元などを洗い出して集中的に見直すのが得点力アップにつながります。面倒でもこの準備が重要です。

また担当の先生は、必ず毎回当日に取り組んだ内容やコメントを書いた報告書を渡してくれます。受けっぱなしで終わりではなく、先生の助言も確認しながら、次の質問材料を準備するのが効果的です。

報告書には、親のコメントを書く欄もありますから、次回までにコメントを書いて、子どもに持たせることも重要です。先生に、この親はきちんと見ているなと気づいてもらえれば、先生も更に気にかけてくれます。

 

 

6年生の2学期からは過去問にも対応してくれます。先生もいきなり多岐にわたる学校の問題を突きつけられて解けない場合もあるので、プリバード受講の3日前までに事前にFAXしておくと、担当の先生は予習しておいてくれます。

過去問こそ、入試に直結する得点力です。先生の力を借りて、過去の問題は、すべて解けるようにしておきましょう。

個別指導や家庭教師の先生は、多数の生徒を抱えていますから一人一人の弱点まで洗い出しての指導は期待できません。先生を利用し尽くすつもりで、指導を受ける側が疑問をたくさん用意してぶつけることです。

サピックスの事務的なシステムについては、こちら↓ご紹介しています。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト