埼玉県千葉県の1月受験、お試しと軽く考えてはいけません

東京都内の中学受験は2月1日から本番スタート。その直前の1月には埼玉県や千葉県が受験解禁となり、多くの家庭は2月の本番を前に力試しに受験します。1月のうちに本番の雰囲気に慣れること、合格を確保しておくこと、あとあと大変重要な役割を果たします。合格を手堅く勝ち取るためには親にもするべきことがあります。

女性のイラスト絶対に合格が欲しい1月受験

1月受験の役割
①本番の場数を踏んで雰囲気に慣れることで、緊張感を和らげたい。
②2月の都内受験の前に合格を取って、少しでも心にゆとりをもちたい。 

③万が一2月受験で希望通り合格できなかったら、通うことも想定しておきたい。

結果的に2月に入ってすぐにインフルエンザになってしまい、都内の学校は受験できなかった。2月受験では、思うように実力が発揮できず、お試し受験だと考えていた1月に合格した学校に行くことになったというケース、何件も聞きました。

結果的に希望していた学校に合格することができなかった、体調を崩して受験することすらできなかった場合、小学校で一緒に過ごした受験をしなかった子たちと同じ公立中学校に通うことになります。大人目線では、高校受験でリベンジすればいい、受験は実力があってもうまくいかないこともあるとわかりますが、子どもは目の前の結果だけにとてもショックを受けます。勉強を頑張っていたと思っている子ほど落ち込むかもしれません。

子どもゆえに、無責任にからかう友達もいるかもしれません。それでもまったく気にする必要はありませんが、わが子が受け止めることができるかどうか。親が常日頃から模試などをはじめ結果だけに一喜一憂するのではなく、日々の努力が何よりもの財産だと教えてきたかどうかにかかっていると思います。

仮に公立中学校に行くことになっても、1月に合格を取ったという実績は自信につながります。もちろん、1月校は都内から通うにはちょっと遠いかもしれませんが、素晴らしい学校もたくさんあります。胸を張って入学するという選択もあります。よって1月校受験をお試しだと軽く考えず、合格を取りにいきましょう。

お試し受験に選ぶ1月受験の代表格、渋谷幕張中学校(千葉県)、市川中学校(千葉県)、栄東中学校(埼玉県)、浦和明の星女子中学校(埼玉県)は、いずれも都内からは距離があります。

遠方の受験校は、朝の移動が心配です。真冬の寒い時期なので雪が降ったら電車のダイヤが大きく乱れます。電車のアクシデントが起きた場合、受験校は受験開始時刻を繰り下げるなど対応を取りますが、電車がいつ動くかもわからない、動いても驚異的に混雑してしまうなど精神的にも肉体的にも非常に疲れます。

いずれの学校も何千人もの児童が受験します。混乱に巻きこれまれ無駄に体力と気力を消耗し、学校に着いた頃には疲れてしまった。思う存分に力が発揮できず合格を逃してしまった。1月受験の悪天候のせいで体調を崩してしまい、1月後半は予定していたことができなかったという話もよく聞きました。

女性のイラスト遠方の中学を受験する場合、前夜はホテル泊が安心

理想は、普段通り自宅で過ごしていつものリズムで出かけていくのが一番よいと思います。しかし、雪の心配、現地までの距離、交通の便やその前後のスケジュールも考慮し、本人がなるべく負担なく試験当日を迎えられるように準備するのが親の仕事です。

前夜のホテル泊について検討しておきましょう。
予約したサイトやホテルのルールによりますから確認が必要ですが、宿泊日○○日前までのキャンセルは無料です。といった記載があります。迷っているならよく確認して確保しておくことをオススメします。

以下は、娘が浦和明けの星中学校を、息子が渋谷幕張中学を受験した際の記事です。あわせてご覧ください。


この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト