試験当日の服装、面接のある場合ない場合

入試当日の子どもの洋服をどうするか? 試験会場は寒いのか、暑いのか、男子女子、面接のある場合ない場合、試験会場のいろんな環境を考慮して考える必要があります。服装は試験結果に関係ないと考えがちですが、子どもは些細なことが気になって集中できないことがあります。実際にわが家の選んだ服装、お友達の例をご紹介します。

女性のイラスト子どもが集中力を欠かない服装

試験のみで面接がない場合は、あらたまった服装をする必要はありません。

試験中に余計なことに気を取られないように、普段から着慣れているもの、違和感を感じない服装を用意します。

違和感とは、首がチクチクする、袖が長くていつも引き上げている、Gパンの締めつけが好きじゃないなど。

一般的に肌触りのいい長袖の綿のシャツに羽織もののフリース、柔らかい生地のストレッチパンツなどの、軽くて窮屈さを感じにくいもの

自分だけ他の子と違う奇抜な服装は、本人が気後れしてしまう恐れがあるので避けるべき

基本的に小学生らしい常識的な服装なら何でも問題ありません。

同じ試験会場でも、席によって全く条件が異なります。暖房が吹き出し口に近く暑かったとか、暖房の設置場所から遠く寒かったとか、出入り口の近くで隙間風が入ってきたとか、体育館で暖房の効きが悪く寒かったなど、当日行ってみなければどんな環境かわかりません。

試験会場の寒暖に合わせて、着脱がカンタンにできる羽織ものは必需品です。特に軽くて暖かいフリースがオススメです。

子どもでも緊張したり集中すると肩に力が入り、肩こりだと気付かずに違和感を感じています。セーターのような重量感のあるものより、なるべく軽い素材の暖かいもの、また着脱のカンタンな前あきの形がオススメです。

また冬の寒い時期だからといって、裏起毛のついたズボンは暑かった時に脱げないので避けた方が無難です。

手軽に利用できる使い捨てホッカイロを持たせたり、男子は面倒がりますが、膝掛けなどを持参すると寒い会場では役立つようです。

女性のイラスト面接のある場合

女子の中学受験、ほとんどの学校で面接があります。筆記試験終了後、筆記試験とは別の日、また母子同伴、本人のみ、集団面接など形式は学校によって異なります。男子は慶應以外、面接のある学校は聞いたことがありません。面接の有無は、入試要項で確認し、早めに洋服を準備しましょう。また塾で模擬面接をしてくれるところもあります。購入した洋服を着て、是非、受けておきましょう。いうまでもありませんが、男女ともに面接のある場合は、ちょっと改まった服装が望ましいです。冒頭の写真は、実際に面接で娘が着たスーツです。

花まるのイラスト小学生らしい服装

娘の受けた女子学院や白百合では、ほとんどの子が白いブラウスに紺やグレーのブレザー、スカートやワンピースの組合せでした。胸元にリボンをつけている子も多かったです。小学校に制服があれば、わざわざブレザーを購入しなくても制服でまったく問題ありません。
多くの学校では午前中に筆記試験が行われ、午後に面接です。午前中はブラウスにフリースを羽織って受験し、午後の面接には胸元にリボンをつけてブレザーに着替え面接に備えます。

また本番に新調したブレザーやスカートを初めて着た時には緊張してしまう子もいます。新しく購入する場合は、早めに買って何度か袖を通して慣れておきましょう。できれば、秋に行われる模試を受けに行くたびごとに着て行くといいでしょう。

息子は面接の経験がありませんが、男子校の面接に行ったママ友によると男子は紺やグレーのブレザーに白いシャツにネクタイ、長ズボンといった服装が多かったそうです。小学校の制服を着用している児童もいたそうです。

花まるのイラスト靴と靴下

靴下はみなさん長めの白や紺でした。スカートは寒いので防寒用にタイツを考えましたが、締めつけ感が気になるといけないので、ニットのオーバーパンツ(つまり毛糸のパンツ)を履きました。
靴は黒のローファー(革靴)の子もいれば、運動靴の子もいました。シックなワンピースやブレザーに、色とりどりの運動靴は、足元だけ色が浮いている感じもありましたが小学生らしくて可愛らしく好感が持てました。

また実際の面接の時に上履きに履き替える場合も少なくありませんから、わざわざ日頃履かない革靴を買う必要はないかもしれません。わが家はローファーを買いましたが、靴擦れができた上に、その後ほとんど履かないうちに小さくなってしまい無駄でした。

花まるのイラスト髪形

女子は髪が長い場合、面接でお辞儀をした時などに、パサッと落ちないように髪止めで止めたり、ゴムで結わえておくと印象がいいでしょう。

花まるのイラスト購入はデパートより楽天などネットが便利

わが家の娘は、冒頭の写真のようなブラウスとブレザー、スカートを買いました。面接用の洋服を用意しなくてはいけないことは承知していましたが、本人を連れてなかなか購入に出かける時間がとれず、後回しにしていました。

急に本人が翌日の小学校の卒業記念アルバム撮影用にも着たいと言い出し、慌ててデパートに行って購入しました。ブレザー、スカート、ブラウス合わせて5万円以上、デパートは高かったので後悔です。その後、小学校の卒業式にも着て、女子学院の入学式にも着て(学校は私服)、とにかく機会あるごとに着て元をとろうと頑張りました。

後日、ママ友に楽天のキャサリンコテージというお店で1万円ちょっとで購入したことを教えてもらいました。そんなに頻繁に着るものではないので、デパートで高いスーツは買いたくないと思い楽天で探してみたそうです。賢い!!

「素材の品質も縫製もしっかりしていてまったく問題なく良かったよ~。デザインがシンプルだから面接にはピッタリだった。」

と言ってました。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト