親の力で有名小学校を目指すか、自分の力で有名中学校を目指すか

小学校受験は幼稚園児が取り組む受験のため、子どもではなく、親の受験です。中学受験は親の影響も大きいですが、本人の実力こそが結果を左右する過酷な受験です。どちらにどんなメリット、デメリットがあるか・・・

女性のイラスト小学校受験のメリットとデメリット

小学校受験は、子どもが幼すぎるため本人の意志による学校選びはもちろん、受験勉強もままならない面があります。しかし、小学校受験のための塾もたくさんあり、絵を書いたり、折り紙を折ったり、ドリルを指導してくれます。それぞれの小学校の傾向と対策を踏まえて、目が飛び出るほど高額な授業料でカリキュラムが組まれています。
大枚はたいて塾に通っても、入試の短い時間に幼い子どもの素質をどこまではかれるか甚だ疑問です。必ず親の面接もあり、見られているのは親です。

親の立場から考える小学校受験のメリットは、
①親の思い通りの学校選びができること
②内部進学で上がっていけるので受験の心配なく、得意分野に打ち込める時間が作れること
③教育熱心な家庭が集まるので、環境に恵まれること
④学校施設が充実していること

デメリットは、
①費用がとてもかかること
②そのまま中学校高校と進級していくので世間が狭くなること
③公立小学校は徒歩圏内にあるが、受験校が近所にあることは少なく、通学時間が子どもの負担になることが多いこと
④ご近所に友達がいないこと
⑤小学校受験は、子ども本人が頑張って努力したという記憶に残らないこと

時々、

「きっとうちの子は勉強しないだろうから、小学校でそこそこの学校に入れてしまって正解だったわ。」

という親がいます。私はこの類の発言を聞くたびに、

「本当にそうだろうか?」

と思います。本当に勉強しない子なのか、親が決めつけてやしないか。そういった親の言動が子どもを作っていないだろうか?

女性のイラスト中学受験のメリットとデメリット

一方中学受験は、小学生が取り組む受験。まだまだ幼い12歳の子どもとはいえ、本人の意志も大きく影響する上、過酷な受験です。例外はあるものの、中学受験のための塾に3年間も通い、夜遅くまで拘束されるなど制約が大きいです。しかし、やりぬくことで、人生において大変貴重な経験になります。

中学受験のメリットは、
①小学生とはいえ、保護者と話し合いながら自分の意志で中学校を選択できること
②小学生とはいえ、遊びたい気持ちを押さえて努力する経験は、価値ある経験であること

デメリットは、
①遊び盛りの小学生が、長期間にわたり受験勉強を強いられること
②まだ幼い小学生、親のサポートは欠かせないため、親の負担も大きい
③小学校から私立に行くほどではないが、金銭的に大きな負担になること

女性のイラストどちらの受験がよいか・・・

一概にどちらがいいとは言い切れませんが、それぞれの家庭の状況、目指すところをはっきりさせれば、自ずとどのタイミングでの受験が良いか答えは出ます。ピアノを極めたい、野球に打ち込みたいなど集中して取り組みたいものがある場合、早い段階でエスカレーター式の学校に入ってしまえば、受験の心配なく極めたいことに取り組むことができます。

ただエスカレーター式といえども、内部進学には進学テストがあり、小学校から中学、中学校から高校、大学附属なら高校から大学へと進むにも、その時々に求められる学力があります。

一般的な受験勉強ほどタイトな勉強を強いられることはまずありませんが、内部進学のため、顔見知りの仲間との競争となり複雑な人間模様が見え隠れするそうです。

自分で学習する習慣をしっかりつけたいなら、中学受験が向いています。人間一生勉強ですから、幼い時に自ら学ぶ姿勢を習得すれば、一生変わりません。

中学受験も親の影響力は大きいですが、本人の努力なしには成り立ちません。遊びたい気持ちを我慢して勉強し、挫折したり喜んだり多くを学びます。
それなら高校受験でもいいのではないかという考えもありますが、もちろん、本人の意志で真摯に高校受験に取り組めるなら、高校受験でもよいと思います。
ただ、高校受験では既に親の助言など耳に入らない年齢に達しており、小さい頃に学習習慣をつけておかなければ、誘惑の多い昨今、本人が自覚を持たない限り、厳しい受験勉強で髙見を目指すことはなかなか難しいです。

わが家の小学校受験と中学校受験の経験から感じたこと、考えたことをご紹介↓しています。合わせてご覧ください。

この記事、お役にたったらポチッと、にほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト