公立小学校には、もっとやりたいを受け止める環境がない

子どもはみんな好奇心の強い生き物。好奇心を受け止める環境さえあれば、もっとうまくなりたい、もっと知りたいという気持ちを満たしてあげることができます。好奇心の向かう先は、学習、スポーツ、芸術それぞれですが、好きをみつける作業、取り組むための環境作りは、学校にはありませんから親の仕事になります。

女性のイラスト公立小学校は、好奇心のある子には退屈

娘が地元の公立小学校に入学し、強く感じたことがあります。

公立小学校は、落ちこぼれを作らない授業をしているあまり、好奇心のある子、もっとやってみたい子には何のフォローもありません。落ちこぼれを作らないようにしているせいか、学習の進度は驚くほどゆっくりです。

学校教育では、先に進んでもっと知りたい子は退屈し、好奇心を満たす環境はありません。小学生は、スポンジが水を吸うように教えたことはどんどん吸収する頭の柔らかさがある時期だというのに、先に進みたい子をフォローするしくみはありません。

娘は学校の学習に退屈していました。娘は決して特別に勉強ができるとか、天才肌とかいうことではありません。もちろん落ちこぼれてしまう子が出てはいけないのですが、娘のもっと知りたい、もっとやりたいを受け止める仕組みはないので、親は学校の外に好奇心を満たしてくれる教育を求めざるを得ません。

公立小学校には、さまざまな家庭の子が集まってきますから、取りまとめていくのは難しいのが現実です。このまま上がっていく公立中学校にも可能性を伸ばしてくれる教育に期待が持てませんでした。

たまたま軽い気持ちで参加した塾体験から、娘が

「塾って楽しい。」

といい、小学校で退屈していた学習意欲を満たしてくれる場所をみつけることができました。小学生のうちに一生懸命に取り組めるものを見つけ、時間をもてあますことのないように導くのは親の仕事です。

 

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト