塾に通っているのに成績が上がらない、親のすべきことは?

高い月謝を払って塾に通っているのに、子どもの成績が一向に上がらない、やる気が起こらないと頭をいためている保護者は多いと思います。塾の集団学習についていけないのは、基礎学力の不足から理解できないままカリキュラムが進んでいるせい。一度大人の目で基礎学力を見直し、わが子にあった課題は何なのかを見極めることが、学力アップにつながります。

女性のイラスト無駄な塾通いしていませんか?

中学受験のための塾通いは、子どもにとっては精神的体力的に、親にとっては金銭的に大変な負担です。子どもが塾での競争を楽しんでいるなら非常に価値ある投資ですが、嫌々通っているようなら、

その塾通いは、無駄かもしれません。

わが家は二人の子どもが通算6年間サピックスに通いました。経験上、成績が落ちるのは簡単ですが、上げるのはなかなか難しいです。成績上位クラスの子はだいだい上位のまま、塾をうまく活用できなければ、下位クラスの子は下位クラスのまま本番を迎えるケースも少なくありません。

コツコツ弱点をつぶしていけば、ゆっくりではあっても成績は必ず上がりますが、子どものやる気スイッチが入らないままの通塾は、時間とお金の無駄遣いかもしれません。

女性のイラスト塾に通っていることに安心しない

塾に通っていることに安心していませんか?

塾に通っていても、最後までやる気を引き出せないまま本番当日を迎える家庭も少なくありません。塾を効果的に利用するには、ひとへに子どものやる気に尽きます。やる気を引き出せない、かといって塾を辞める勇気もなく通い続けている家庭は意外に多いように思います。

時々、〇〇塾は難しくてついていけないから、△△塾に転塾したという話を聞きますが、どこの塾にうつっても根本的な解決にはならないと思います。

どこの塾も理解できない子を待ってはくれません。集団学習は容赦なく次の課題に進んでいきますし、どんどん難しくなっていきます本人に遅れを取るまいと食らいついていく意志がないなら、集団学習という勉強スタイルでは学力は伸びません。

塾での学習内容についていけないのは、多くの場合、基礎学力が不足して知識が積み上がっていないからです。

例えば算数、基礎力を確認するために、塾の古いテキストを出してきて単元ごとに復習させ、どこでつまずいているのか洗い出してあげましょう。何を理解して次に進めばよいのか指摘してあげましょう。この作業は大人の役目です。

塾に通っていても、中学受験は家庭学習で決まります。

そこまで親が面倒をみてあげられないとか、喧嘩になってしまうようなら個別指導を利用するのもよいかもしれません。通っている塾に個別指導があれば、相談してみましょう。使っているテキストのことも熟知していますから、よきアドバイスが受けやすいと思います。

勉強がわからなければ塾が苦痛になり、成績が上がらないまま、容赦なく学年が上がっていきます。

努力の結果がすぐに見えなくても、本人が塾で置いてきぼりになるのは悔しいと考えているなら、大いに塾を利用して友達と張り合えれば、成績は伸びていくと思います。

自分の取り組むべき課題を見極め、復習して定着させることが成績アップの秘訣です。その子にとって取り組むべき課題は、塾で与えられたレベルが適しているのか、そこまで達していないので、もう少し前の段階から取り組むべきなのか、見極めるのは親の仕事です。

「勉強しなさい!」

と子どもを怒ったところで、いっときは机に向かっても長くは続きません。継続して自分の意志で家庭学習をさせるには、

「できた。」「わかった。」

の体験をたくさんさせてあげることです。

わが家は、サピックスの個別指導プリバードを利用したので、残念ながら他の個別指導のことはわかりません。身近なママ友や既に受験経験のある先輩ママなどから、情報を集めてみましょう。

先送りにすればするほど学習は先に進み、時間切れのリスクが近づきます。小学生は幼いので勉強の仕方がよくわからずに机に向かっているケースも多いそうです。大人の目で、正しい勉強方法、弱点、解決方法などを指摘し実行することで、わかった! できた! を実感できる子も多いそうですよ。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト