学校に行けなくなってしまう原因は、最初はほんの些細なことから

もしわが子が学校に行けない精神状態になってしまったら、親に何ができるのだろうか? 最初はほんの些細なことがきっかけであることが多いそうです。

女性のイラスト受験終了から中学入学まで

2月上旬にはとにもかくにも受験が終わり、4月入学式まで約2ケ月間、子どもは慌ただしい受験勉強がなくなりゆったりと時間が流れます。あれほど毎日塾と宿題に追われた日々が嘘のように、脱力感にどっぷり浸ってしまう子、遊ぶぞ~と張り切る子、それぞれの春がやってきます。

「入学するまでに、これをやっておいてください。」

とどっさり宿題を渡す学校がある一方、息子の入学した渋谷幕張中学校は

「いろんなことを我慢して長く受験勉強に追われていたと思いますから、本を読んだり友達と遊んだり好きなことをたくさんやって入学してください。入学したら忙しいですよ~。」

という学校もある。

通っていた塾によっては入学までの期間、英語の講座を受けませんかと勧誘されることもあります。この期間、中学校から始まる英語に遅れをとらないようにと、塾に通わせる家庭も少なくありません。

女性のイラスト些細なことでもそのままにしない

4月よいよ新入生、仮に第一志望校ではなかったとしても、親子共々新しい学校や生活に期待に胸をふくらませ入学します。子どもは、緊張とワクワク感とが同居した状態で学校生活がスタートし、部活動、遠距離通学、本格的な英語教育とまた忙しくなります。

どんなに希望して入った学校でも、実際に入学してみると外からは見えなかった良い点、悪い点が必ず見えてきます。

ほとんどの子は大変だ~といいながら楽しんでいますが、いろんな理由で学校に行けなくなってしまう子も出てきます。

ある中学校教師が話してくれたことがあります。最初はちょっとしたことがきっかけで一日学校を休んでしまい、その頻度が増えると勉強に遅れを感じ更に休んでしまう、休みがちになってしまと、学校に行きにくくなり、やがて行きたくなくなり、極自然と不登校になってしまうケースは珍しくないそうです。

息子の小学校時代のお友達にも、新たに入学した中学校にだんだん行けなくなり、とうとう引きこもってしまった子がいます。最初は1日2日と学校を休んだことに始まり、1週間になり1ヶ月になり、そのうちにまったく行かなくなってしまいました。

母親が食事を摂らないのは身体によくないからと、部屋の前に食事をおいてあげるようになってからは、食事さえ自室で一人で食べるようになってしまったそうです。

家族と顔を合わせることもなく、お風呂も家族が留守中に利用し、まったくコミュニケーションがとれないとママが嘆いていました。中学校は卒業したものの、高校に進学もせず、引きこもった状態が続いているそうです。もちろん親として出来ること、考えられること、手を尽くしたそうですが解決しないと頭をいためています。

はじめは、ちょっと具合が悪いから休んだだけと軽く考えていたのに、気がつけば繰り返し休むことが日常になってしまった。親はもちろん友達も先生も一生懸命にフォローし、明日こそは明日こそはと思っていたのに、解決しないまま時間は容赦なく過ぎてしまったそうです。

友達とワイワイするのが楽しいはずの年頃に、学校に行けなくなってしまうのはカンタンな問題ではありません。

初期の段階で、問題を深刻化させないための対応が後々に影響するように感じます。 
とかく最初は、少し休めば解決するだろうとか、まさかわが子が引きこもったりしないだろうと考えがちな気がします。

専門家のカウンセリングも親身になって助けてくれると思いますが、一緒に生活している訳ではありませんし、予約した時間だけの対応では伝わらない事実も多いように思います。

子どもにとって親こそが一番頼りになる存在のはず。日頃のたわいのない会話の中に、子どもが気になっていることや心配していることが見え隠れしているかもしれません。成長してしまうと、小さい時のように気にしなくなってしまった子どもの様子、注意しておく必要を感じました。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト