志望校は、いつどんな風に決めたらいい?

志望校は、早い段階でわが子の偏差値から選んではいけません。それは何故か?  もちろん早い段階ではっきり心に決めている学校があるなら、それもよし。しかし、慌てずとも志望校は、6年生の秋までに決めれば間に合います。そのために、やるべきこと、やってはいけないことをご紹介します。

女性のイラスト志望校が決まれば、やる気を持続させやすい

目標とする学校が早い段階で決まっているのも大いに結構、しかし、慌てて決める必要はありません。

では、いつどうやって学校を選ぶのか。

早い人では小学1年生から、多くの場合4年生くらいになったら学校や塾が主催する説明会に参加したり、学園祭の見学に行って自分の目で見て学校を絞り始めます。

子どもと一緒に学園祭に行って生徒の様子、家からの距離、先生方は親切か、学校は清潔か、校庭は広いか、クラブ活動はさかんか、いろんな角度から自らの目で確かめましょう。多くの学校で入試相談室が用意されており、生徒が質問に答えてくれますから利用しましょう。

実際に学校に行くと、パンフレットからはわからなかったことがわかったり、噂とは異なる印象を受けたりすることも少なくありません。
また、子どもはよく知らない未知の世界、中学校がどんなところかを知ることによって受験という取り組みが身近になります。こんな学校に通いたいと思ってくれたら、これ幸い、目標がはっきりして学習意欲も沸いてきます。

サピックスの先生が、志望校を決めるにあたって面白いことアドバイスをくれました。以下の記事↓で、ご紹介しています。

女性のイラスト親は子どもの可能性を決めつけない

4年生以下の塾の保護者会では、志望校の候補にあげる学校を、子どものその時の成績で決めてはいけませんと説明されました。

例えば、4年生でわが子が偏差値50くらいだからといって、見学する学校を偏差値表の50くらいの学校だと決めなくてよいという意味です。

まだまだ、子どもがどう伸びていくかわからない段階で、子どもの可能性を親が頭打ちにしてはいけませんと指導されました。

6年生の秋になって偏差値50の成績で偏差値65の学校を見学に行くのは、時間的に余裕のない中、現実的ではありませんが、まだまだ先が見えない時期から芽を摘んでしまうことになりかねません。

子どもは親の行動や言動をよく見ています。親が

「偏差値が〇〇だから、まあ、このくらいの学校でしょう。」

と夫婦で会話をしていたら、自分はこれくらいなんだと感じとってしまいます。

6年生の春には受験する学校を数校に絞り、秋には今までの自分の成績、魅力を感じる学校をよく考え、第一、第二、第三くらいまで固め、固めたら安易に変えたりせずに貫きましょう。

受験生は6年生の秋には、志望校に合わせた対策を始めます。志望校が決まれば、本番までの時間を志望校に合わせ仕上げに集中できます。何より心の迷いがないことが重要です。

6年生の秋には、志望校に特化した模試が頻繁に行われます。その結果でより現実が見えてきます。しかし、模試の結果に一喜一憂し、あっちにフラフラこっちにフラフラ志望校を変えるようでは、いい結果は得られません。

一度の模試の失敗で志望校を変更するのか、それまでの実力を信じるのか、状況や判断によりますが、精神衛生上、子どもが不安になるようなふるまいだけは避けましょう。

基本的には一度決めた目標は、最後まで意志を貫き通しましょう。

以下↓の記事は、女子学院を第一志望校にしていた娘が、直前の模試でひどい成績を取った時の話です。その時、わが家のくだした決断、参考にしてください。

一方で親は万が一のことも鑑み、手堅く合格をとる戦略も立てておけばよいと思います。1月受験も含め、少なくとも1、2校の合格をとらせましょう。すべて不合格で中学受験を終了すると、全否定されたような気持ちになってしまいますから。
この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト