志望校は、子ども自身が自分で決めたように導く

中学校受験が親の押しつけにならないように、本人と楽しみながらの学校選びをしつつ、やる気を引き出すのが親の仕事! それにはどうしたらよいか・・・

女性のイラスト志望校の決め方

SAPIX入塾後の最初の保護者会で、先生に面白いことを教えて頂きました。

「親が行かせたい学校に、まず最初に子どもを連れて行ってください。そして子どもの耳元でここがあなたの来る学校ね。とささやいてあげてください。子どもはその気になります。特に男の子は・・・」

志望校は、早い段階で決まっているにこしたことはありません。目標が決まっている方が、やる気を持続しやすいからです。ただ、学校選びの段階で子どもはまだ小学生です。どこの学校が自分に適しているか判断できません。もし、どこかの学校の名前を口にしたら、それは間違いなく大人の言動を真似ているか、何かの受け売りに違いありません。

そこで親が行かせたいと思う学校を、子どもが行きたいと思うように導けばよいのです。子どもは親の言動をよく聞いています。何気ない日常会話の中で、

「〇〇中学はいい学校だね、説明会に行ったけど生徒が親切だった。卒業生にはこんな立派な人がいるよ。」

と、僕(私)も、○○中学校に行きたいと思うように気持ちを高めてあげましょう。

小学生の価値観は、親の価値観そのものです。

あまり親の思惑を強引に押しつけると、ぶつかってしまうこともありますが、子どもが気分よくその気になるように仕向けるのが親の役目です。本人はそうとは知らず、自分で考えて志望校を決めたと思ってくれれば、動機付けは大成功です。

私の友人のお子さんは、4年生の時に自ら、

「僕、受験して開成中学に行く。」

と宣言したそうです。親は中学受験すらよく知らなかったので驚いたそうです。これは珍しい例で、ほとんどの小学生は中学受験も開成中学も知りません。

サッカー元日本代表の前田遼一選手は、たまたまテレビ中継していた暁星中学校のサッカーの試合を見て、

「この中学校に行きたい。」

と親に言ったそうです。親は今からでは間に合わないので無理だと説明したそうですが、本人の意志が固かったので悔いのないようにさせたそうです。本人の猛勉強の結果、合格しました。
暁星中学校は、暁星高校との中高一貫校です。サッカーの強豪校として知られ、大学への進学実績も高いことで有名です。本人がその気になれば、子どもは大人が驚くほどの実力を発揮します。

親が経験上、将来の可能性を考えて受験させる場合がほとんどです。始まりは親の思惑からでも、実際に勉強するのは子ども本人です。いかに子どものやる気を引き出し、モチベーションを持ち続けるかは成績に影響します。

小学生は、親の手のひらでコントロールできる最後の年代です。子どもによっては既にコントロールできないほど、親との距離をおいてしまっている場合もありますが、親子の信頼関係がうまくいっていれば、親の助言やアドバイスを受け入れてくれます。もちろん100%親の思い通りに進みませんが、親力で将来へつながる価値ある経験にしてあげましょう。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト