渋谷幕張中学・高校では、毎年シラバスを発行しています

「今ではシラバスを発行する学校もチラホラとあるようですが、日本で最初に発行したのは、渋谷教育学園だったと自負しています。」と田村校長先生がおっしゃってました。シラバスとは・・・

女性のイラスト毎年配布されるシラバス

シラバス(syllabus)とは、講義などの内容や進め方を示す計画書のこと。渋幕で発行されるシラバスは、冒頭の写真のような体裁で、大きさA4、2cmほどの厚さがあります。

シラバスにはすべての学習科目ごとに、講座のねらい、内容とすすめ方、留意点、副教材・参考文献などが学年ごとにまとめられています。

それぞれの科目の先生方が、毎年より充実した授業の実現をめざして見直し執筆しているそうです。生徒は、新年度の初めに配布されます。

渋幕のシラバス

中学1年から高校3年生までの学習内容が一冊にまとめられているので、自分の学年では、今年1年間にどんな内容を学習するのか確認できるのはもちろんですが、高校1年生になった時、受験が迫った高校3年生ではどんな学習をするのかも確認することができます。

学校説明会などで、渋渋や渋幕を訪問する機会があれば、必ず会場においてあり自由に見ることができますから開いてみてください。

子どもは面倒臭がって、今学校でどんな勉強をしているのか詳しくは教えてくれませんが、シラバスを確認すると具体的にどんな流れで進んできて、これからどう進んでいくのかなどわかります。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト