兄の通うSAPIX(サピックス)はあこがれの場所?

生活の中心はいつも兄。お兄ちゃんのサピックスの予定を優先し、お兄ちゃんばかりひいきしていて、妹は納得がいきません。妹もお兄ちゃんと同じようになりたくて入塾するものの・・・

女性のイラスト生活の中心が塾に通う兄になる

ある友達ママの上の子、お兄ちゃんは小学校4年生からサピックスに通い、一生懸命に勉強していました。学年が上がるにつれ拘束時間も増え、宿題にも追われ日々を忙しく過ごしていました。塾がある日はもちろん、サピックスがない日も自宅でやることはいっぱいあります。

家族全員で一丸となって全力で応援していました。週末や連休、長期休暇もすべてお兄ちゃんの塾のスケジュールを優先しました。6年生になると、家族で旅行など出かける暇など一切ありません。妹はまだ小学校低学年でしたから、週末や長期休暇はお出かけして遊びたくて仕方ありません。

「どうしていつもサピックスがあるから無理。サピックスの宿題があるからダメ。サピックス、サピックスって、お兄ちゃんばっかりひいきすんの?」

と母親に怒っていました。

彼女にわかるように説明してあげても納得はいきませんでした。

「私も大きくなったら、絶対にサピックスに行く!」

と宣言していたそうです。そして晴れてお兄ちゃんは中学受験を終えて、

「さあ、お待たせしました。これからあなたの番よ。」

とばかりに妹もサピックスに入塾し、お兄ちゃんのように通い始めました。妹は2、3回通ったところで、

「サピックスってこんなところなの。行きたくな~い。」

とくる日もくる日も大きなされたそうです。小さいころはバラ色に見えたサピックス、いざ入ってみると思っていたのとまったく違ったようです。小学生なら無理もないことですが、ママ友はほとほと手を焼いていました。

 

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト