すべての子にゴールデンエイジがやってくる

運動神経は10歳で決まる!

ゴールデンエイジと呼ばれる10歳から13歳頃は、スポーツに関わる多くの動きを短時間で覚えることが出来る「即座の習得」と呼ばれる時期だそうです。ゴールデンエイジ、一度逃すと二度とやってきません。

女性のイラスト10~13歳、この期間に覚えたことは一生忘れない

ゴールデンエイジに覚えた動きは一生忘れない。子どもは運動する(動き回る)ことによって、体格の均整がとれ、バランスよく成長するそうです。

一生に一度だけ訪れるこの時期をぼんやりお菓子を食べながらテレビを見たり、ゲームばかりして過ごしてしまっては取り返しがつきません。

運動能力が発達すれば、身体を動かすことが好きになり、よく食べよく眠り丈夫で元気な子に育ちます。脳も刺激されます。

小学生はその日その日に生きている動物なようなもの、将来を見通す力も経験も資金もありません。将来の可能性を伸ばす準備期間を価値あるものにてきるかどうかは親の責任です。

ゴールデンエイジについての本、たくさん出版されていますよ。

この記事、お役にたったらポチッと、にほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 

他にもこんなオススメ

  1. 漢字問題集

    ユダヤ式学習法で有名な坂本七郎氏の問題集(テキスト他)

  2. 6年生の親がすべきこと

    中学校受験 6年生の親がすべきこと

  3. 伸び続ける子が育つお母さんの習慣

    子育ての最終目標は、「メシが食える大人に育てること」

  4. 受験脳の作り方

    Amazon売れ筋ランキング1位 脳研究者が考える学習法とは…

  5. 小学校最初の3年間

    小学校低学年を持つ親が読むべき本

  6. 子どもが育つ魔法の言葉

    皇太子が子育て中に感銘を受けた詩『子は親の鏡』

オススメ著書やテキスト