塾に通っていることに安心してはいけない

子どもを塾に通わせているからと、意外に安心している保護者が多いように思います。塾代を価値ある投資にするため、親が自宅ですべきことをご紹介します。

女性のイラスト必要なのは本当に価値ある塾通い

受験するしないに係わらず、子どもが小学生高学年ともなると、どこの塾がいいらしいとか厳しいらしいとか、誰は行っているとかいないとか、お母さんたちの話題はもっぱら塾の話題になります。

受験準備に入る家庭はもちろん、まわりがみんな行き始めたからという理由などで、多くの家庭で塾通いがスタートします。しかし、

塾に通い始めたからといって、大人が思い描くような勉強をするかどうかは別問題です。

与えられた課題を一生懸命にこなして頑張る子がいる一方で、一向にやる気は起こらず、通っているだけという子もいます。最終的には通うのが大変だとか、勉強についていけないとか、さまざまな理由でやめたり転塾したりするケースも少なくありません。

流行にのって塾通いを始め、勉強しないと言ってやめる、もっともやってはいけないパターンです。塾に通うかどうかは本人と相談して決めること!  親が通わせたいなら、本人がその気になるように導いてあげましょう。そして一端通い始めたら、やりぬくことがもっとも重要です!  

 

女性のイラスト学習は習慣化すれば、必ず成績は伸びる

親は、高い月謝を払って塾に通わせているからといって、勉強は塾任せでは子どもの学力は伸びません。

塾での数時間の授業だけでなく、先生が出した宿題を、いかに家庭できちんと復習するかによって学習したことが定着します。

家庭では毎日学習する時間を設けて、その時間はテレビをつけない、宿題を優先するなど、ルールを決めて家族の協力のもと、毎日例外なく実施することです。

今日だけは特別だからしなくていいとか、やらないことを許したりせず、体調が悪い日以外は、学習時間を確保することを習慣化しましょう。

例え、すぐに成績が向上しなくても、家庭学習が定着すれば、学力は必ずついてきます。

時々しかしないことは、やり方を忘れていたり、難しく考え面倒に思うものです。でも、毎日当然のようにする歯磨きや入浴のように勉強が習慣化すれば、当たり前の行為となります。最初は短い時間でも学習時間を確保できれば、学年が上がるにつれて時間を伸ばしていくことができます。

親はテストなど表面的な結果だけで一喜一憂しがちですが、前よりできることが増えたこと、塾ではどんなことを教わったのか、どの先生が面白いとか、お友達の様子など塾のことをたくさん聞いて常に感心を示してあげましょう。

基本的に子どもは友達に負けたくないと思っていますが、勝つために何をしたらよいのかわからなかったり、取り組む前から

「僕(私)なんか、どうせダメだ。」

とあきらめ癖をつけないように、励まし続け本人をその気にさせるのが親の大きな役目です。

謙遜のつもりでも、決してママ友との会話で

「うちの子はできないから。」

などと子どもの前で口にしてはいけません。子どもは聞いています。僕(私)はできないんだ、お母さんは僕(私)のことをそんな風に思っているんだと自信を失くします。子どもの可能性をつぶしているのは、案外親かもしれません。

今どきの小学生、真剣に打ち込むことがなければ、放課後はだらだらと目的もなくテレビ、ゲーム、インターネットに明け暮れ、公園で遊ぶのではなく商業施設に集まったりしているのが現状です。そういった生活が習慣化してしまうと、中学生になってから改善することは難しいです。

親のほめ言葉にのってくれる小学生のうちに、たくさん褒めて学習習慣を身につけましょう。

中学生になってからでは間に合いません。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

オススメ著書やテキスト