Amazon売れ筋ランキング1位 脳研究者が考える学習法とは

受験脳の作り方

脳は記憶を蓄えるよりも忘れていくほうが多いそうです。しかし、バイオリズムのタイミングをつかめば記憶効率は上がるとのこと。脳研究者が考える勉強法をといた本、アマゾンで学生の勉強法売れ筋ランキング1位になりました。

女性のイラスト予習、学習、復習の比率は 1/4 : 1 : 4 程度が適度

著者、池谷 裕二先生は、日本の脳研究者、薬剤師です。東京大学・大学院薬学系研究科・教授。神経科学および薬理学を専門とし、海馬や大脳皮質の可塑性を研究しています。

効率的な勉強法は、予習、学習、復習の比率が 1/4 : 1 : 4 程度が適度だそうです。脳科学の知見を紹介する一般向けの本としてきっと役立つと思います。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

他にもこんなオススメ

  1. 東大首席の合格習慣

    「頭がいい子」にしたいなら、親がやってはいけないこと10

  2. 運動神経は10歳で決まる!

    すべての子にゴールデンエイジがやってくる

  3. 6年生からの大逆転

    Amazon売れ筋ランキング1位中学受験6年生からの大逆転メ…

  4. 漢字問題集

    ユダヤ式学習法で有名な坂本七郎氏の問題集(テキスト他)

  5. 頭のいい子は習慣で育つ

    3万人を教えてわかった 頭のいい子は「習慣」で育つ

  6. 佐藤ママの子育てバイブル

    「佐藤ママの子育てバイブル 三男一女東大理Ⅲ合格!学びの黄金…

オススメ著書やテキスト