Amazon売れ筋ランキング1位 脳研究者が考える学習法とは

受験脳の作り方

脳は記憶を蓄えるよりも忘れていくほうが多いそうです。しかし、バイオリズムのタイミングをつかめば記憶効率は上がるとのこと。脳研究者が考える勉強法をといた本、アマゾンで学生の勉強法売れ筋ランキング1位になりました。

女性のイラスト予習、学習、復習の比率は 1/4 : 1 : 4 程度が適度

著者、池谷 裕二先生は、日本の脳研究者、薬剤師です。東京大学・大学院薬学系研究科・教授。神経科学および薬理学を専門とし、海馬や大脳皮質の可塑性を研究しています。

効率的な勉強法は、予習、学習、復習の比率が 1/4 : 1 : 4 程度が適度だそうです。脳科学の知見を紹介する一般向けの本としてきっと役立つと思います。

他にもこんなオススメ

  1. 合格習慣55

    「頭がいい子」にしたいなら、親がやってはいけないこと10

  2. 頭のいい子は習慣で育つ

    3万人を教えてわかった 頭のいい子は「習慣」で育つ

  3. すごい伸ばし方

    子どもはみんなタイプが違う!「合格する子どものすごい伸ばし方…

  4. 受験と進学の新常識

    受験と進学の新常識 いま変わりつつある12の現実 (新潮新書…

  5. 偏差値29からの東大合格

    Amazon売れ筋ランキング1位偏差値29からの「東大合格超…

  6. 子どもが育つ魔法の言葉

    皇太子が子育て中に感銘を受けた詩『子は親の鏡』

オススメ著書やテキスト