初めての中学受験、親もわからない、そんな時は「中学受験を考えたときに読む本」

中学受験を考えたときに読む本

ついこの間、子どもが小学生になったばかりだというのに、保護者会で耳にする「中学受験」! その実態を知りたいという方にオススメの著書をご紹介します。

女性のイラストこれからの教育について知りたい

「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」zon教育・学参・受験部門売れ筋ランキング1位に輝きました。偏差値だけで志望校選びをしがちですが、偏差値からは見えない学校のどんなところを調べたらよいのか、わかります。

この記事、お役にたったらポチッにほんブログ村 受験ブログへとして頂けると嬉しいです。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

他にもこんなオススメ

  1. 受験と進学の新常識 いま変わりつつある12の現実 (新潮新書)

    受験と進学の新常識 いま変わりつつある12の現実 (新潮新書…

  2. 運動神経は10歳で決まる!

    すべての子にゴールデンエイジがやってくる

  3. 親がやること

    有名中学に合格した子の親がやっていること、知りたくありません…

  4. 伸び続ける子が育つお母さんの習慣

    子育ての最終目標は、「メシが食える大人に育てること」

  5. 子どもが育つ魔法の言葉

    皇太子が子育て中に感銘を受けた詩『子は親の鏡』

  6. 鈴木るりか

    14歳の作家デビュー! 鈴木るりかさん

オススメ著書やテキスト